奈良県議会議員

自民党

奈良県議会議員

自民党

ひらこう、奈良の未来。

ひらこう、奈良の未来。

理念・政策

メッセージ

MESSAGE

皆さんから「住みたい場所」と選んでもらえる、
魅力のある奈良

奈良県在住の方にとって、もっと住みやすい奈良に発展させる必要があります。さらには、今県外にお住まいの方にも「奈良に住みたい」と憧れる、つまり、皆さんに選んでもらえる、より価値の高い奈良を目指します。

子どもが暮らしやすい環境になることによって、
みんなが安全な奈良に

子どもの目線で、安全なまち、住みやすいまちを目指すことによって、高齢者や障がい者、支援を必要とする方、そして働く世代、みんなにとって、住みやすい、安全な奈良になると考えています。

理念

PHILOSOPHY

会って、聴いて、伝える。
あなたの身近なパートナー

現場主義

みなさんの声を聴き、目で見て、その情報をもとに、生まれ育った奈良のために働きます。

丁寧な説明を!

「なるほど!」と思える誠実で、丁寧な説明を、みなさんのもとにお届けします。

すべての市町村の課題に向き合った経験を生かし、生まれ育った奈良市・奈良県にために全力を

国・県・市町村すべてをつなぐ「即戦力」

政策・公約

POLICY PLEDGE

コロナ対策

  1. 県民の安心に繋がる情報を、丁寧でわかりやすい説明を
  2. ワクチン接種促進と医療提供体制の確保
  3. 感染防止対策支援の継続
  4. コロナ禍で困っている方に、今届く支援を迅速に
みんなが安心して活躍できる奈良に。

みんなが住み良い

奈良のために

  1. 歩道の段差の解消
  2. 京奈和道の早期開通
  3. JR新駅周辺のまちづくりを推進
  1. 高齢者の皆さんが安心して暮らせる医療の充実
  2. 医療センターはじめとして、高度医療の充実
  3. 子どもの医療費無償化支援
  1. 避難所への冷暖房設置と自家発電装置設置の促進
  2. 高齢者、女性や障がい者等の視点に立った避難所の準備
  3. スマホと連携し、IT技術を駆使してまちを歩くことができる、まち全体のバリアフリー化
  1. 中小企業・小規模事業所の支援強化
  2. 商店街の活性化はじめ、商店街やまち屋を生かした起業支援と誘致
  3. 職人育成の機会創出と県内就労の促進
  1. 歴史遺産や寺社はじめ文化を生かして宿泊につながる朝型観光の促進
  2. サイクリングロードと観光連携強化
  3. 東部地域の滞在環境整備
  1. 農地の利用状況をしっかりと奈良県としても把握して、所有者不明農地や耕作放棄地の減少
  2. 新規就農者が希望に合う農地を見つけやすくするマッチングシステムの構築
  3. お茶やいちご、柿をはじめとした奈良県産農産物の付加価値の高い販路開拓支援
子どもの笑顔を第一に。

子どもの笑顔を第一に

  1. 歩道の段差解消、通学路の確保
  2. 体育館への冷暖房設置を促進
  3. 洋式トイレ等の設置を促進
  1. 先生の負担を軽減するための仕組みを整備
  2. 学校内役割分担とITシステムをはじめ専門技術職員を学校に配置
  3. 先生のスキルアップやキャリアアップの研修機会の充実
  1. 児童虐待ゼロ
  2. 乳児院、児童養護施設の支援強化
  3. 子ども食堂支援と朝食支援
  4. いじめ対策として相談しやすい環境整備

働く世代も高齢者も
安心と活躍を

  1. 病児保育・病後保育の拡充
  2. 駅周辺の既存施設利用で、子どもや子育て世代、高齢者が集まれる場所の開設
  3. 育児・介護休暇が取りやすい職場環境の推進と理解促進
  1. 柔軟な働く場の創出
  2. 育児・介護休暇が取りやすい職場環境の理解促進
  3. 職場における仕事に応じた平等な昇進・昇給機会の確保
  1. 高齢者の知識と経験を生かす場を創設
  2. 通院支援、買物支援策の促進
  3. 地域や医療、IT技術が一体となって、高齢者の孤立を防ぎ、「みまもり」が行き届いたまちに向け、地域の方がみまもりに参加しやすい仕組みの創設
  1. 就労支援と理解促進
  2. 農福連携強化によって生活力強化支援
  3. 地域や医療、IT技術が一体となって障がい者の孤立を防ぎ、「みまもり」が行き届いたまちに向け、地域の方がみまもりに参加しやすい仕組みの創設
脱縦割り、脱アナログ。無駄のない行政を。

無駄のない行政を

  1. 縦割り行政の打破!県と市町村の連携強化で住民サービス向上へ
  1. 県庁業務のデジタル化推進
  2. 県内市町村のデジタルプラットフォームの共通化推進